モリコロパーク サイクリングコースの魅力を徹底解説!【ロードバイク】【愛・地球博記念公園】【長久手市】

2022年3月16日

愛・地球博記念公園西口

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)には、全長5.1kmと長距離走行が可能なサイクリングコースがあります。ロードバイク乗りにとっては「聖地」と言っても過言ではない、おすすめサイクリングスポットの魅力を「ロードバイク乗り目線」と「ファミリーでのサイクリング目線」の双方で解説します。

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)とは

愛知県最大級の大きさを誇る愛・地球博記念公園(愛称モリコロパーク)は、2005年に開催された『愛・地球博』の長久手会場跡地にできました。人気のサツキとメイの家をはじめ、フットサルコートやテニスコート、天然芝の多目的球技場など、スポーツ施設も充実。1日ではまわりきれないほどの楽しさがいっぱいです。

出典:愛・地球博記念公園モリコロパーク公式ウェブサイトより

愛・地球博記念公園とは、愛知県長久手市にある都市公園です。
愛知青少年公園の敷地を利用して開催された2005年日本国際博覧会長久手会場の跡地に開設されました。
愛称はモリコロパークと呼ばれて親しまれています。
とにかく広大な園内は全てを歩いて見て回るのは大変な程です。余りにも広すぎるため、園内バスを有効活用して見て回るという方法もあります。フルマラソンやハーフマラソンの大会が開催されるほどの広大な園内には、大規模なサイクリングコースが整備されています。

愛・地球博記念公園のサイクリングコース

園内にあるアップダウンのある全長5.1kmの自転車走行専用のサイクリングコースです。何も持って来なくてもレンタル自転車があるので楽しめます。(サイクリングステーションにて貸出)ルールを守って楽しく自然の中を走行しよう。各県の木を愛でながら日本一周旅行気分で走ってみませんか。コース途中には、休憩場所も5ヶ所設けてあります。

出典:愛・地球博記念公園モリコロパーク公式ウェブサイトより

レンタサイクルの場合は、1周100円で利用することができます。サイズも豊富に準備されているので、小さなお子さんから大人まで自分の身長に合ったサイズの自転車を選ぶことができます。
また、持ち込み自転車の場合は無料で利用できます。

注意点としては、ヘルメットの着用義務がありますのでルールを守って利用しましょう。万が一、ヘルメットを忘れた場合には無料でレンタルすることもできます。ヘルメットをレンタルすることに衛生面を気にされる方も居ると思います。そのような方向けには使い捨てのシャワーキャップが備え付けられているので、そちらを使用することもできます。(気になる方はサイクリングキャップや薄手の帽子を準備しても良いかもしれません)

ロードバイクも持ち込むことができますが、高速走行は禁止されています。コース内は家族連れや小さなお子さんも多いので、咄嗟の動きにも対応できるように安全走行に努めましょう。
また、スタート地点とゴール地点では、必ず自転車から一旦降りて、次の周回を始める必要があります。(自転車から降りることなく連続しての周回走行は持ち込み自転車であってもできません)

サイクリングコースを動画で紹介

字幕付きの紹介動画です
コース全体図と高低図を確認可能な動画です
上記動画のダイジェスト版です
小学5年生の娘とのサイクリング動画です 親子サイクリングのご参考にどうぞ(自転車は持ち込みです)

サイクリングコース最寄りの駐車場

サイクリングコースに最寄りの駐車場は北駐車場です。公園自体が物凄く広いので、北駐車場以外に車を駐車すると随分と歩くことになり、サイクリング前に疲れてしまうことも考えられます。あらかじめ園内マップを確認しておき北駐車場とサイクリングコースの入り口(サイクリングステーション)の位置関係を頭に入れておきましょう。位置関係としては北駐車場から東側、地球市民交流センター・体育館の先にサイクリングコースの入口が在ります。
また、公園内は自転車乗車禁止なので注意しましょう。(公園内を自転車に乗って移動することはできません)
駐車場からサイクリングコースの入り口までは、自転車を押して歩く必要があります。

【2022年3月現在最新情報】ジブリパークの開業に向けて園内各所で工事が行われている関係で、公園北口の駐車場への入り口が変更になっています。これまでの入り口は歩行者と自転車専用となり、車は案内に従って別の入り口から入ることになります。また、これまでは北口にはロータリーが有り、送迎も行えていましたが、現在は利用出来なくなっています。送迎の際はリニモの公園西駅のロータリーを利用することになりますのでご注意ください。

サイクリングコース内の休憩・食事スポット

サイクリングコース内には座って休憩が出来る場所が所々に点在しています。日陰の場所も多く、夏の暑い時期でも安心です。食事が出来る場所は花の広場休憩所内のスガキヤがあります。花の広場休憩所は、サイクリングコースの直ぐ脇に有り、サイクリングコース利用者の昼食スポットとして定番の場所です。
自動販売機はサイクリングコースの受付付近と花の広場休憩所などに設置されています。

サイクリングコースは雨天時の閉鎖に要注意

雨天時はサイクリングコースが閉鎖され、走行できなくなるので注意が必要です。雨が上がった後も、しばらくはコースの安全が確認されるまでは走行できません。公式ウェブサイトが随時更新されますので、最新情報をこまめに確認をすることをお勧めします。サイクリングコースは通常9時から利用できますが、雨上がりの翌日などは利用開始時間が遅れることもあります。(僕も現地で利用開始待ちをしたことが度々あります)

サイクリングコース案内

下はサイクリングコース案内図の写真です。

サイクリングコース内は一方通行で、歩行者は入ることができません。もちろん特別な場合を除いて、車も走っていませんので安心してサイクリングに集中できます。
各所に休憩所が設置されておりベンチに座って休憩することができます。サイクリングコースは木々の中を走行するので、ちょっとした森林浴気分を味わうことができます。

コース内は平坦な箇所が少なく、アップダウンが続くようなイメージです。小さなお子さんには上り勾配がネックで自転車を押して歩いている姿を良く見かけます。そういう意味では、自転車に乗り始めのお子さんよりは自転車に乗り慣れており、変速機付き自転車を扱える位の方がより楽しめると思います。

また、全長が5.1kmとそれなりに距離が有りますので、上り勾配があることに加えてこの距離を走りきれる位の体力が求められます。(前述のとおりコース内は一方通行なので途中で引き返すことは出来ません)長距離ということでレンタサイクル利用の場合はトラブル等の心配があるかもしれませんが、万が一のトラブル時にはサイクリングステーションに電話連絡をすると対応をしてくれるので心強いです。僕も過去に、家族でサイクリング中にレンタサイクルが不調だったのでサイクリングステーションに連絡をすると、すぐに軽トラックに代車を積んで対応に来て頂き大変助かったことがありました。このようなフォローの手厚さからもファミリーでも安心して利用出来ると思います。

愛・地球博記念公園サイクリングコース
愛・地球博記念公園サイクリングコース

サイクリングコースの見所

サイクリングコースは木々に囲まれており爽快サイクリングが楽しめます。また、コース南部の「かきつばた池」など園内の美しい景色も見所のひとつです。もちろんモリコロパーク一番の大人気スポットのサツキとメイの家をサイクリングコースからも見る事ができます。サイクリングコースから眺めるサツキとメイの家は、上から見下ろす形となります。周囲を木々に囲まれている様子が良く分かります。

さつきとメイの家
サイクリングコースから眺めるサツキとメイの家

まとめ

ロードバイク乗りの方にとっては「愛知県の自転車乗りの聖地」として一度は訪れていただきたいサイクリングスポットです。ツール・ド・モリコロパークなどのエンデューロやロードレースも開催される本格的なコースです。また、利用者の半数以上はロードバイク乗りが占めているような印象を受けます。

一方でファミリー向け、自転車の練習にも適しているサイクリングスポットとしてもおすすめです。アップダウンのある長距離のサイクリングコースは、一周走り切った達成感を味わうことができます。ヘルメットも無料レンタルできるので、思い立った時に手ぶらでレンタサイクルに乗ってみるのも楽しいと思います。

created by Rinker
ぴあ
¥979 (2022/12/06 11:59:18時点 Amazon調べ-詳細)