【コストコ】折り畳みコンテナ CleverMade(クレバーメイド) Clever Crates(クレバークレート)42Lと62L徹底比較レビュー!

2021年4月19日

コストコの折り畳みコンテナ CleverMade(クレバーメイド)のClever Crates 62L(クレバークレート)を購入しました。

これまではサイズ違いの46Lを使用していましたが、使い勝手が良かった為、追加購入をしようとしたところ62Lしか在庫がありませんでした。(2020年3月21日 コストコホールセール中部空港倉庫店)

同様の商品で46Lサイズの折り畳みコンテナの在庫がありましたが、違うメーカーの商品でした。
46Lのサイズについては別記事にて詳しく紹介していますので、本記事では46Lと62Lのサイズの違いについて紹介します。両者に機能面での違いは全く無く大きさが違うだけです。

46Lと62Lのサイズの違い

サイズの違いは下表のとおりです。

46L62L
53.3cm59.7cm
35.6cm38.9cm
高さ28.6cm31.5cm
クレバークレート比較

外観

Clever Crates 62L
折り畳んだ状態
Clever Crates 62L
ラベル拡大
Clever Crates 62l
Clever Crates 62l
Clever Crates 62L
折り畳んだ状態の物を重ねると蓋になります

46Lと62Lのサイズ感の違いを画像で比較

Clever Crates サイズ比較
62Lの上に46Lを重ねています
Clever Crates サイズ比較
62Lの上に46Lを重ねています
Clever Crates サイズ比較
Clever Crates サイズ比較
Clever Crates サイズ比較
左が62L、右が46L

46Lか62Lかどちらのサイズを買うべきか

サイズ選びは悩みどころだと思います。

製品に貼り付けられているラベルの写真を見ると、46Lは「子どもがおもちゃを収納するイメージ」である事に対し、62Lは「女性が買い物をした品物を車載するイメージ」となっています。

一般的にコンテナは大は小を兼ねるという考え方が多いと思いますが、収納する品物によっては62Lでは重量が重たくなり過ぎて持ち運びに苦労する事が想定されます。

製品の耐荷重よりも実際に自分がその重さを運搬できるのかが重要となります。
実際の使用イメージを想像した上で、サイズ選びは慎重におこないましょう。

created by Rinker
トラスコ中山(TRUSCO)
¥1,436 (2022/08/18 14:26:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
トラスコ中山(TRUSCO)
¥1,343 (2022/08/18 14:26:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥4,699 (2022/08/18 14:26:52時点 Amazon調べ-詳細)