LITHON(ライソン)秒速トースターレビュー!

2021年7月2日

「秒で焼けるポップアップトースター」「ライソンの秒速トースター」は外カリ中ふわの美味しいトーストが圧倒的な速さで焼けました。購入に至るまでの経緯と実際に長期間使用した感想を紹介します。

ライソン秒速トースター

ライソン 秒速トースターとは

トーストを更においしく、最高の外カリ中フワトーストを

通常のオーブントースターではなし得ない高火力を備え、近距離熱源で食パンを焼くことにより、食パン本来の水分を蒸発させることなく外はカリッと中はふんわりとした極上のトース卜を焼くことができます。
<こんな方にオススメです>
・トーストが大好き
・シンプルな食べ方が好き
・高級食パンが好き
・魚焼きグリルやフライパンで焼くのが1番美味しいと思っている
・焼きたてのトーストを食べたい
・毎朝トーストを食べたいけど、2分待てない忙しい人

出典:ライソン公式ウェブサイト

ポップアップトースターを探して

僕の1日は朝食のトーストを焼くことから始まります。
この秒速トースターを購入するまでは、いわゆる普通のオーブントースターを使ってトーストを焼いていました。僕は、しっかりと焼いたカリカリのトーストが好みなので、オーブントースターの場合は250℃で3分程度の時間を掛けて焼いていました。焼き上がりまで、それなりの時間が掛かることと、表と裏で焼きムラが出来ることの2点がオーブントースターで焼き上げるトーストの不満点でした。

そんな時に、ふとしたきっかけでシンプルなポップアップトースターで焼いたトーストを食べる機会がありました。焼き上がるまでの圧倒的な時間の短さと表裏両面の均一な焼き具合に衝撃を覚えました。

普段からポップアップトースターを使用している方にとっては当たり前のことでしょうが、これまでの人生でオーブントースターでトーストを焼いて食べるのが当たり前だった身には一種のカルチャーショックでした。

これまで、BALMUDA(バルミューダ)のスチームトースターやAlladin(アラジン)のグラファイトグリル&トースター等のいわゆる高級トースターで焼いたトーストを食べる機会もありましたが、この普通のポップアップトースターで焼いたトーストの方が僕にとっては物凄く魅力的に映り、何より美味しく感じました。

そして、これをきっかけに「トーストを焼くなら専用品に限る」という思いを胸に、ポップアップトースターに的を絞ってトースターを探し始めました。ポップアップトースターであれば両面が均等に焼けることは確実に期待出来ます。あとは、「少しでも短時間で焼き上がる物を」と探していた時に、ライソンの秒速トースターを知りました。「これこそ僕が求めていたトースターだ!」と歓喜し、早速オンラインショップで注文すると、程なくして我が家に秒速トースターがやってきました。

ライソン秒速トースターパッケージ

ライソン秒速トースターのパッケージです。58秒で焼けることが強調されています。

ライソン秒速トースター
ライソン秒速トースターパッケージ
ライソン秒速トースター
ライソン秒速トースターパッケージ
ライソン秒速トースター
ライソン秒速トースターパッケージ

ライソン秒速トースター開封

ライソン秒速トースターを開封しました。

上面には保管時に埃等がトースター内に入ることを防ぐための蓋が付いています。
デザインはシンプルで無駄がありません。文字による操作説明の表示も無く、焼き色(焼き時間)を選択するダイヤルと絵(アイコン)の押しボタンによるモード切替スイッチのみです。普通に焼く場合は、蓋を開ける、パンをセットする、レバーを下げるの3ステップのみで迷う事は何一つありません。

ライソン秒速トースター
ライソン秒速トースター正面
ライソン秒速トースター
ライソン秒速トースター側面
ライソン秒速トースター
ライソン秒速トースター
ライソン秒速トースター
ライソン秒速トースター上面

実際にトーストを焼いてみた感想

早速、トーストを焼いてみました。「58秒でトーストが焼ける」という謳い文句に偽りは無く、これまでのオーブントースターの3分の1程度の時間で両面均等な焼き色のトーストが焼き上がりました。

焼き上がりまでの待ち時間がこれまでの3分の1に短縮されるのは、朝の貴重な時間を節約することが出来て大変助かります。「あっという間にすぐにお湯が沸く電気ケトル」と「秒速トースター」は時短家電を象徴するかのようで、我が家の朝食の主役として活躍してくれています。

そして、焼き上がり時間が短いのもさることながら、本当に美味しいトーストが焼き上がることが驚きでした。あまりにも美味しくトーストが焼けるので、バターやマーガリン、ジャムなどを付けずに素のままでトーストを食べる機会が増えました。何も付けない方がトースト本来の味を味わうことが出来るからです。

また、焼き上がった時のトーストの香りも今までとは違いました。
速さに驚き、香りに癒やされ、美味しいトーストが口の中に広がる。
毎日の朝の時間に小さな幸せを届けてくれる秒速トースターは本当におすすめです。

使用開始後半年で故障交換

秒速トースターが毎日の暮らしにすっかり溶け込み、我が家にとって無くてはならない家電となって半年が経過した頃、その時は突然訪れました。

いつものようにトースターに食パンをセットして電源スイッチを兼ねたレバーを押し下げてみるも反応がありません。通常であればレバーがロックされると同時にヒーターの加熱がすぐに開始されるのですが、全く微動だにしません。「まさか故障?」と嫌な思いが一瞬頭をよぎりますが、気持ちを落ち着かせて電源周りの確認をしました。しかしケーブルは接続されており、電源にも問題は無さそうです。試しに、別のコンセントに繋ぐも結果は変わらず。とりあえず、その日は以前から使用しているオーブントースターでトーストを焼きました。

早速、ライソンのウェブサイトのサポートページにアクセスし「修理・交換のお申し込み等のお問い合わせについて」に必要事項を入力して先方からの連絡を待ちました。程なくして入力したメールアドレス宛に連絡が有り、数回のやりとりの後、着払いにて商品を送付することになりました。そして、その後、代替品が手元に届き元の生活に戻ることができました。故障発生から一週間程度で一連が完了しましたので、迅速なメーカーの対応に感謝しました。保証期間内ということで無償交換、送料もメーカー負担でした。故障内容としては「ヒーター制御盤の不具合」という結論でした。故障の前兆等は一切有りませんでしたし、故障に繋がるような心当たりも有りませんので、運が悪かっただけなのかもしれません。

ライソン 秒速トースター修理

今回の件で、秒速トースターの焼き上がり時間の短さの価値を改めて感じました。便利さにはすぐに慣れて感動も薄れてしまいますが、今回の様に離れてみるとその有り難みが分かります。思いがけない早さでの故障はありましたが、その圧倒的な性能には満足しており大好きな製品ですので、今後は故障することなく長期間使用できることを期待しています。

created by Rinker
BALMUDA(バルミューダ)
¥39,480 (2022/12/07 13:03:12時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Aladdin(アラジン)
¥18,536 (2022/12/07 13:03:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
DeLonghi(デロンギ)
¥3,300 (2022/12/07 13:03:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ラッセルホブス(Russell Hobbs)
¥6,800 (2022/12/07 13:03:15時点 Amazon調べ-詳細)